スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「中国総領事館の移転計画」市­民感情の悪化により売却は見合わせ 

中国総領事館の移転問題 新潟市 万代小学校跡地の売却見送り(2010年11月18日)

  新潟市は、まだわかってない! 市長は「日本一安心、安全な政令指定都市」を目指すんだそうです。

新潟総領事館での躓きとインド洋の拠点整備(桜チャンネル、2010年11月19日)













中国総領事館の移転計画 住民から反対意見や慎重論(2010年09月16日)

 


 「中国が、新潟を重要視している、とはうれしいことだ。」とはなんとノーテンキなんだろう。

  領事館として小学校跡地を取得する中国の意図を理解すべきです。

  友好な国であれば問題はないが、もし、対立する状況になったとき、便利はそのまま、超危険に通じるでしょう。

  「新潟県を中央政府が重要視している」という言葉を、鵜呑みにするのは危険ですよ。
  なぜ、新潟の総領事館を増員して国内2番目の規模にしているのでしょう。

 中国から見れば、新潟は日本進出(侵略?)の要衝、橋頭堡。
 
  交通、経済の要衝は、軍事的にも要衝なのです。


 なぜ、数ヶ月でビルの1室から移転するのでしょう。

 単独の建物にしているのは、慣例であるといっていますが、なぜ単独の建物にする必要があるのでしょう。

 単独の建物であれば、屋上にヘリポートを作ることはできるでしょう。さらに小学校跡地であれば、ヘリコプターが多数離着陸できるでしょう。

 
 領事館は治外法権。もし中国の犯罪者が逃げ込めば、日本の警察は手出しできない。ヘリで数時間で自国へ輸送することができます。


 新潟の皆さん。よくよく考えてください。子孫に遺恨を残すことのないように。数十年後、この状況を作ったのは、○○市長、○○課長と言われますよ。



●関連情報
 ・【梅原克彦&三井田孝欧】新潟中華街構想の行方[桜H22/10/5]



 ・新潟中国総領事館拡大移転問題:西大畑説明会(三井田孝欧 柏崎市議のBLOG)

スポンサーサイト
[ 2010/11/20 16:44 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(4)

自民党「第11管区海上保安部等調査団」報告記者会見 

自民党「第11管区海上保安部等調査団」報告記者会見(2010.11.16、LDPchannel)

 自民党が11月11日、12日に行った第11管区海上保安部等への調査報告記者会見の模様。

 自民党中谷元情報調査局長(元防衛庁長官)と森まさこ副幹事長による報告



 取り押さえ時の映像、逮捕時の映像も存在している。
 心配していた、保安官に負傷者が出たのではないかという疑いは解消されました。

 本来、この説明は、政府から発信されるべきものでした。

[ 2010/11/20 13:33 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

政府が尖閣ビデオを公開しない理由は、中国との密約によるものだ 

政府が尖閣ビデオを公開しない理由は、中国との密約によるものだ

 やはり、2010年9月29日の民主党の細野豪志議員による突然の訪中、この時、ビデオ映像を公開しないよう要求され、政府はこれを呑んでいるのだ。


アジアサバイバル:転換期の安保2010 「尖閣」で露呈、外交の「弱さ」(2010年11月8日、毎日新聞東京朝刊)
 仙谷氏は「外務省に頼らない中国とのルートが必要だ」と周辺に漏らし、日本企業の対中進出に携わる民間コンサルタントで、長く親交のある篠原令(つかさ)氏に中国への橋渡しを依頼。調整の末、民主党の細野豪志前幹事長代理の訪中が実現した。

 「衝突事件のビデオ映像を公開しない」「仲井真弘多(沖縄県)知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」--。細野氏、篠原氏、須川清司内閣官房専門調査員と約7時間会談した戴氏らはこの二つを求めた。報告を聞いた仙谷氏は要求に応じると中国側に伝えた。外務省を外した露骨な「二元外交」は政府内の足並みの乱れを中国にさらけ出すことになった。 ==>記事全文を読む 


●関連記事
 ・細野豪志・民主党議員『隠密訪中』会った相手と話の中身(2010年9月30日、JCASTテレビウォッチ)
 ・海上保安庁のビデオ流出について(2010年11月13日、田母神俊雄公式ブログ)

[ 2010/11/14 11:12 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

中国が尖閣・沖縄を侵略する日 

中国が尖閣・沖縄を侵略する日

 幸福実現党が制作したビデオですが、中国の侵略について考えさせる映像になっています。
 



 (私は、幸福実現党とは一切関係がありませんが、映像は見る価値があります。)
[ 2010/11/09 01:35 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(1)

尖閣諸島 「中国船による巡視船への衝突映像」視聴 

尖閣諸島 「中国船による巡視船への衝突映像」視聴

 中国船は、巡視船「よなくに」に衝突し、さらに巡視船「みずき」に衝突した。

●巡視船「よなくに」への衝突映像








(「よなくに」への衝突場面)




●巡視船「みずき」への衝突映像




巡視船「はてるま」からの映像





●関連記事
尖閣沖中国漁船衝突映像流出 中国漁船が巡視船「よなくに」に衝突する瞬間などを収録(2010/11/5、フジテレビ系・FNN)
尖閣ビデオネット流出、政府の対応は(2010/11/5、TBS系・JNN)
映像内の漁船に尖閣沖衝突の漁船と同じ文字(2010/11/5、日本テレビ系・NNN)

「船首を向けてきます。挑発的です」 「尖閣」ビデオがユーチューブ流出(2010/11/5、J-CASTニュース)
尖閣ビデオ流出か ユーチューブに投稿 「恐らく本物」と海保関係者( 2010/11/5、産経新聞)
尖閣ビデオ、ネット流出か=内部が関与?  海保調査-44分、国会提出より長く(2010/11/5、yahoo、時事通信)

「尖閣上陸宣言」実効支配に動き始めた石垣市(2010/10/30、産経新聞)


●関連情報
・6分間では勝手な解釈可能、全面公開を![桜H22/11/3]


・対談映像(石原慎太郎氏・石破茂氏・長島昭久氏)



・対談映像(なぜビデオを公開しない?)







[ 2010/11/05 20:23 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

尖閣諸島侵略糾弾 中国大使館前抗議行動の映像 

尖閣諸島侵略糾弾 中国大使館前抗議行動の映像

 2010年10月16日に行われた 尖閣侵略糾弾!中国大使館前抗議行動の映像。

 なんと整然とした抗議行動でしょう。

[ 2010/10/20 19:29 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(1)

【尖閣諸島】に関する“つぶやき”まとめ 

【尖閣諸島】に関して“twitter”につぶやいた事のまとめ




【尖閣諸島】メディアは、いまごろ「中国漁船による衝突」と表現するようになったね。最初から、そう表現すべきです。 2010年10月6日 19:20:38 webから


【尖閣諸島】から中国の漁業監視船がいなくなった。。。と言うが。 これも同じ。日本人は「のどもと過ぎれば熱さ忘れる。」のが常で。中国は長期的に物事を進めているので、また、機を見てアクションを起こしてくる。 強攻策はいったん引いて、次は新潟市の領事館建設計画など別の戦術で攻めてくる。 2010年10月6日 19:14:54 webから


【尖閣諸島】証拠ビデオ。事実を明らかにすることになんの躊躇がいるものか。自主規制しても相手は付け上がるだけだよ。 領土問題とフジタの問題は、それぞれ別に交渉すべき。 2010年10月1日 14:47:24 webから


【尖閣諸島】政府主導という名の下に素人考えの政策を安易に実行せずに、外交分野に精通したスタッフ・識者と長期的な戦略を確りと立て、的確な手を打って貰いたい。マスコミは、その実行内容を大きく取り上げ世界に発信すればよい。 2010年10月1日 13:27:44 webから


【尖閣諸島】政府は、こと外交に関しては「・・・を検討中」であるとか、「・・・を配慮しなければならない。」とか、相手に手の内を見せるようなことを発表しなくてもいい。マスコミも同じである。  2010年10月1日 13:26:21 webから


【尖閣諸島】証拠ビデオ。事実を事実としてハッキリ公開すべき。その上で、毅然と交渉すればいい。 2010年10月1日 12:11:44 webから


フジタの社員3人。「違法行為を認めた」とは、情報源はどこでしょうか。だれの発言でしょうか。 大手メディアの視聴者には、報道内容をすぐ事実と思ってしまう人が多い。---国家安全機関という組織からの情報、報道は新華社通信ですね。信じられるのか? 2010年9月30日 12:43:01 webから


【尖閣諸島】菅首相は、中国漁船による衝突のビデオを見ていない。と言っているが、ビデオを見ずして事実認識ができるのか? 事実を把握せずに行動したのか? 11:36 AM Sep 30th webから


【尖閣諸島】ビデオには、中国船があえて巡視船に衝突していることが写されているであろう。そんなことを普通の漁民がするわけがない。誰かの意を受けて逮捕されるために行った特攻行為であろう。 日本人4人を拘束するなどの報復行為は前もって作り上げた綿密なシナリオに基づいて行っているものだ。 6:26 PM Sep 28th webから


【尖閣諸島】世界に情報を発信して、中国包囲網を築け! ビデオを見た中国船長(?)が「ビデオは捏造だ」と主張していると以前報道で伝えていた。 これは、ビデオが中国船に非があることを証明している証拠である。早急に世界に向けて発信すべきてある。  6:20 PM Sep 28th webから  

[ 2010/10/18 23:47 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

尖閣事件の真相究明を求める緊急集会 

尖閣事件の真相究明を求める緊急集会

 このような集会が行われていたのですね。これだけ超党派の国会議員、知識人が参加している集会の模様をどうして日本のマスコミは報道しないのでしょう? できないのでしょう?
 一党独裁で、国民に真実を知らせず偏向教育、偏向報道をする中国が批判されますが、日本人も別の形の偏向報道によって真実が知らされていないのですね。唯一、日本ではインターネットがオープンで見れることだけが救いです。

・2010年9月30日に衆議院第二議員会館で行われた『尖閣諸島沖領海侵犯事件の真相究­明を求める緊急集会』の映像
 (桜チャンネル、2010/10/1)
 

[ 2010/10/09 14:22 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

【川村純彦氏】尖閣衝突事件の全容 

【川村純彦氏】尖閣衝突事件の全容(2010/10/7、桜チャンネル)

 元海将補で尖閣防衛にも携わっておられた川村純彦氏をお迎えし、尖閣諸島沖から漁業監­視船が立ち去るなど、中国が態度を軟化させたとの見方もあるが、中国にとって資源確保­はあくまでも二次的な目的であり、実際には、尖閣はまさしく「取るか取られるか」で臨­むべき問題であるという事実についてご指摘いただくとともに、中国海軍の対潜能力や、­要衝の地としての台湾の存在などに触れていただきながら、「核戦略」という視点から、­尖閣問題を読み解いていただきます。(「桜チャンネル」による解説)





[ 2010/10/08 19:09 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)

尖閣問題で菅が払った大きすぎる代償 (Newsweek、2010年10月07) 

尖閣問題で菅が払った大きすぎる代償 (Newsweek、2010年10月07) トバイアス・ハリス

 ブリュッセルでのアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に出席していた菅直人首相と中国の温家宝首相が10月4日、廊下で出くわす形で会談。これで尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件以来続いていた日中の対立は収束した格好だ。

 両国は予想通り、戦略的互恵関係の重要性を再確認し、ハイレベル協議や文化交流を再開させる。だが、一連の対立を経て何が戦略的に変化したのかは明確でない。==>つづき


[ 2010/10/08 11:35 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。