スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これで快適な眠りを実現? もう我慢できない“熱帯夜” 

 これで快適な眠りを実現? もう我慢できない“熱帯夜”
寝苦しい夜が続いているが、昼間の疲れを癒すためにもぐっすりと眠りたいもの。熱帯夜対策はエアコンだけではなく、ちょっとした工夫で夏の夜を快適に過ごすことができそうだ。

 今年も暑い夏がやってきた。そこで無視できないのが熱帯夜対策。夏バテや日ごろの過労など、昼間の疲れを癒すためにも、日々の睡眠はますます貴重になってくる。近年、エコや健康、家計を気遣ってエアコン使用を控える向きもあるが、熱帯夜対策はエアコンに限らない。涼しさを追求した最新の寝具事情やちょっとした生活態度の見直し、寝室の模様替えなど、一工夫で夏の夜をさらに快適に過ごす知恵を、専門家に聞いた。

 幅広がる快眠グッズ

汗や湿気を吸収、布団の外に放出し、ひんやりとした触り心地が好評という肌布団=東京・日本橋の日本橋三越本店 蒸し暑い夜、横になってまず気になるのは、肌に触れるシーツや布団、寝巻きなど。睡眠改善インストラクターの中野祐三子さんは、「夏は湿度が高く、就寝中にかく汗も倍ほどに増える。吸湿・発散性に優れ、肌に触れる面積の少ない凹凸のある寝具がおすすめ」と指摘する。===>>つづき



スポンサーサイト
[ 2008/07/27 22:37 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(Business Media 誠)(後編)  

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(後編)(2008年07月26日、Business Media 誠)

フルーツのかき氷で人気の「埜庵」店主は、音響機器メーカーに勤める成績優秀な営業マンだった。東京で働くビジネスパーソンがなぜ天然氷に目覚め、かき氷店を出すに至ったのか? 転機となったのは、秩父の天然氷蔵元「阿左美冷蔵」との出会いだった。

 湘南のかき氷の人気店「埜庵」。ほとんどの飲食店において、かき氷という食べ物は“夏季限定”の商品だ。しかし埜庵では通年でかき氷を提供しており、春には春、冬には冬のかき氷が楽しめる。埜庵のかき氷は、“子ども向けの夏のおやつ”というレベルをはるかに超えた大人のデザートとして、「かき氷ってこんなにおいしいものだったのか!」と、訪れる客に驚きを与え続けている。

 埜庵のご主人・石附浩太郎氏(43歳)は、独創的なオリジナルシロップ、冬の間に自ら制作に携わる天然氷、一見・常連の別なく、来店客それぞれに対する丁寧で心のこもった個客対応で、現在の立場を築いている。埜庵の経営のほか、真冬になれば山に入り、自らも天然氷作りに携わっている“氷のプロフェッショナル”だ。===>>>つづき

[ 2008/07/27 22:22 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

太陽光をオフィスの照明に――太陽光採光システム「T-Soleil(ティー・ソレイユ)」 

太陽光をオフィスの照明に――太陽光採光システム「T-Soleil(ティー・ソレイユ)」(Business Media 誠、 2008年07月25日)

 オフィスの中でも太陽の光をいっぱいに浴びることができたら……。そんな想像を形にしたビル向け太陽光採光システム「T-Soleil(ティー・ソレイユ)」が、7月下旬に開催された「エネルギーソリューション&蓄熱フェア'08」で紹介されていた。
 太陽光を利用したエコロジーな建物、と言えば太陽光発電パネルを設置した建物を想像する人が多いだろう。しかし大成建設の開発した太陽光採光システム「T-Soleil(ティー・ソレイユ)」は、太陽光を照明として活用することで消費電力を抑制できる。===>>つづき


[ 2008/07/25 22:31 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

世界のテレビCMを超えたWEB広告「UNIQLOCK」・ウェブ開発物語 

世界のテレビCMを超えたWEB広告「UNIQLOCK」・ウェブ開発物語[2008年7月23日/IT PLUS]

時報のリズムに合わせ、ユニクロの服を着た女の子たちが無表情で踊り続ける――。ファーストリテイリングのウェブ広告「UNIQLOCK(ユニクロック)」は今年、「カンヌ国際広告祭」など世界の3大広告祭すべてのインターネット部門でグランプリを勝ち取った。2007年6月のオープンからこれまでのページビューは212カ国合計1億3000万を超える。日本や世界に発信するポロシャツのウェブキャンペーンとして始めたUNIQLOCKのアイデアと開発の経緯を追った。(ウェブ開発物語) ===>>続き


[ 2008/07/23 22:26 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

気になる商品・サービス(2008年7月~) 


ブログが息苦しくなったあなたへ、「無個性ブログ」をどうぞ(ITMEDIA. 2008/7/22)
 アカウントも選べないしタイトルも付けられないという“無個性”なブログサービスが登場した。「ブログが息苦しくなってきた方々へ向けたセカンドブログサービス」という。
ネットベンチャーのハートレイルズ(神奈川県相模原市)が、アカウント名やタイトルなどを一切指定できない「無個性な」ブログサービス「sa.yona.la」を公開した。「ブログが息苦しくなってきた方々へ向けたセカンドブログサービスで、ブログに個性を求められることから解放される」というふれこみだ。==>続き 

ジェネリック医薬品 薬剤師と相談し使用可能に 医療費抑制効果に期待(FujiSankei Business i. 2008/7/7)
 価格は新薬の2~7割、12年度までに普及率30%目指す
 診察後に医師から渡され、調剤薬局に出す薬の処方箋(せん)が4月から、新薬と有効成分が同じで安価な後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用を標準とする様式に変わった。これで普及に弾みがつけば、増え続ける医療費抑制に効果があると期待されている。 ==>続き 

夏といえば…“ビール用”焼きそば エースコック 相性追求 21日発売(FujiSankei Business i. 2008/7/5)
 ビールとの相性を追求したインスタント焼そばが初めて登場する。夏といえばやはりビール。一方で焼きそばを含むインスタントラーメンをめぐっては、多様化する消費者の要望に、いかにきめ細かく応えられるかがポイントになっている。
 そこで従来にないジャンルとして着目したのが、“ビール用焼きそば”ということのようだ。
==>続き 


3波対応の19インチ液晶テレビ,MrMaxが5万円以下で7月中旬に発売(日経ニューメディア、 2008/7/3)
 総合ディスカウントストア大手のミスターマックス(MrMax)は2008年7月3日,3波(地上デジタル放送とBSデジタル放送,東経110度CS放送)対応のデジタルチューナーを内蔵した19インチのハイビジョン液晶テレビ(写真)を,4万9780円で販売すると発表した。自社の店舗(全42店)における発売は7月中旬を予定している。店舗での販売に先行して7月4日午前10時から,オンラインショップで先行予約を受け付ける(発表資料)。 ==>続き 



[ 2008/07/22 22:51 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(Business Media 誠) 

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(2008年07月20日、Business Media 誠)

暑い日に食べる、頭がキーンとするおやつ――そんなイメージを根底から覆すかき氷を提供する店がある。冬の日も常連が、時には噂を聞きつけた海外からのお客もやってくるという、天然氷を使った絶品かき氷の店。その店主は、自ら冬になると山にこもり、天然氷を作る“氷のプロ”だった。

海外にまでファン層を広げる湘南・鵠沼海岸の人気かき氷店

 今年もまた暑い夏が訪れようとしている。地球温暖化の影響もあって、ここ数年、夏の不快指数は高まるばかり。そんなとき、ふと懐かしくなるのが、日本の夏の風物詩・かき氷だ。子供の頃、お祭りや花火、海水浴に行った際に食べたという人も多いだろう。

 しかし近年、グルメでナチュラルなスイーツが人気を集める中で、赤・青・緑など毒々しい色のシロップがかかり、口に入れた瞬間、脳天にキーンと来るような従来のかき氷からは、いつしか遠ざかってしまったという人も少なくないようだ。

 ところが、湘南のサーフィンのメッカ鵠沼海岸に、そんなイメージを根底から覆すかき氷店があった。「埜庵」(のあん)である。===>>>つづき


[ 2008/07/21 09:17 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

やっぱり、アップル の iPhone 3G が気になる 

iPhone 3Gの“第2段ロケット”(7/16 +Dmobile)
  7月11日に発売されたiPhone。日本市場でもセンセーショナルなデビューを飾り、順調に売れているが、今、筆者が注目しているのは「法人市場への展開」である。
 7月11日、ソフトバンクモバイルからAppleのiPhone 3Gが発売された。まさに“お祭り騒ぎ”といえるその模様と、筆者によるiPhone 3Gのレビューは別記事に詳しいが、同機が日本市場においてもセンセーショナルなデビューを飾ったのは確かだ。
==>続き

「うちのサイトをiPhone 3G対応にせんかい!」と言われる日(7/14 +Dmobile)
  打ち合わせがあれば「iPhone 3G買わないんですか?」と、挨拶代わりに聞かれるここ最近。IT業界的には大きなトピックとなっているわけですが、底辺の自分としては発売が楽しみでもあり、その余波が怖くもありな毎日です……。
 「iPhone 3G」は、ご多分に漏れず、やっぱり気になります。気になるポイントはいろいろあるんですが、その1つは……「最近作ったあのサイト、iPhone 3Gではどう見えるのかなぁ」ということ。

 iPhone 3Gに搭載されているブラウザはSafariですから、ケータイ業界的にいえば「フルブラウザ搭載」ということになります。iPhone 3G様に向かってフルブラウザとか、おこがましい感じもいたしますが。もうね、ケータイサイトなんて見ないですもんね、iPhone 3G様は。
==>続き

アップルが「iPhone」で描く壮大な戦略・標的はMS、任天堂、Googleも(6/19 ITPLUS)
  米アップルが「iPhone 3G」を発表してから、10日ほどが経過する。その後、インターネットや一般メディアではiPhoneに関する話題が過熱する一方だ。購入方法や料金プラン、販売奨励金に関して報道が集中しているが、実際はその周辺のビジネスモデルについても特筆すべき点は多い。改めて、アップルの戦略のうまさを分析してみたい。(石川温のケータイ業界事情)==>続き

新しいゲーム機「iPhone」の誕生でゲーム業界の常識が変わる(6/13 ITPLUS)
  米アップルが7月11日に世界同時発売する「iPhone 3G」。これはゲーム産業にとって、新しいゲーム機の登場と言えるインパクトを持つ。既存ハードに脅威を与える新しいゲームプラットホームが誕生しようとしていると考えても間違いないだろう。(新清士のゲームスクランブル) ==>続き


[ 2008/07/16 22:30 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

「ニコニコ動画を日本のインフラにする」--夏野氏がニコニコ動画に参画した理由 

「ニコニコ動画を日本のインフラにする」--夏野氏がニコニコ動画に参画した理由(CNET、2008/7/15)

iモードの育ての親として知られる、元NTTドコモ執行役員の夏野剛氏がドワンゴの常任顧問に就任した。「ニコニコ動画の黒字化担当」として、積極的にニコニコ動画の運営にかかわっていくという。

 夏野氏はなぜ、新たな活躍の場としてニコニコ動画を選んだのか。また、夏野氏の参画で、ニコニコ動画はどう変わっていくのだろうか。夏野氏と、ニワンゴ取締役管理人の西村博之氏(ひろゆき)に話を聞いた。

――なぜドワンゴに参画したのですか。
夏野:ずばり、面白いからです。慶應の教授などいろいろなことをやっていますが、メインはこれ(ニコニコ動画)です。
 ドワンゴが面白いと思うのは、こんなに成功した「ITベンチャーっぽくない企業」はないから。まず、威張らない。贅沢しない。自分の力を過大評価しない。一回成功したビジネスモデルにこだわらずに次へ行く。 ===>>>続き

ニコニコ動画TOP
(株)ドワンゴ


[ 2008/07/16 22:12 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

「Windows XP」最後の日--Windowsのこれからを考える 

「Windows XP」最後の日--Windowsのこれからを考える(CNET News.com、2008/07/03)

Microsoftが広く普及した「Windows XP」の一般販売を米国時間6月30日に停止するという単なる事実が、ここ数カ月間、あちらこちらで話題になっていた。
 そこでわたしは、同じ話題を蒸し返すよりはむしろ、Windowsの展望を見てみようと考えた。
 当面の問題は、Windows XP退場後の「Windows Vista」の位置づけである。
 プラス面について言えば、Microsoftによると、Vistaは1億4000万本を売り上げている。しかし、わたしが以前述べた通り、この数字は、純粋な需要を示しているというよりも、この18カ月の間に新しいPCを欲しいと思った人の人数によるところが大きい。
 一方、使用するOSの選択に着手している企業は、圧倒的にXPにこだわっている。Vistaを実行している企業マシンはごくわずかで、社全体でのVistaの配備をまったく予定していない企業もある==>>続き


[ 2008/07/03 07:34 ] 興味を持って読みました | TB(0) | CM(0)

松下電器が「燃料電池」本格出荷へ 

松下電器が「燃料電池」本格出荷へ(2008.7.1 22:03、産経ニュース)

 松下電器産業は、水素と酸素を化学反応させて発電する家庭用燃料電池の普及に本腰を入れる。松下の家電部門「松下ホームアプライアンス社」(滋賀県草津市)は1日、来年から一般販売を目指す最新機種を初出荷、量産化をスタートさせた。平成27年には売り上げ1000億円以上の事業へと育てる方針。原油高や環境意識の高まりで新エネルギーの開発競争が激化するなか、いち早く量産態勢を整え、この分野での主導権の確立を狙う。 ====>>続き



・少し前の記事ですが、2008年6月から量産開始です。
松下、世界最高の環境性能を誇る家庭用燃料電池システム (2008/04/15、家電Watch)

松下電器産業株式会社 松下ホームアプライアンス社は、最高で39%(LHV)、500W~1kWの領域で38%(LHV)以上という世界最高の発電効率を持ち、4万時間の運転と4千回の起動停止の耐久性を持ち耐用年数10年以上を想定した、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムを開発したと発表した。

 同社は、1999年より燃料電池の本格的な開発をスタートさせ、2005年より開始された大規模実証実験にも参加しており(1号機は首相公邸に設置)、今回発表されたシステムも当初は大規模実証機として出荷される予定だが、2009年からは一般販売も想定している。またそれに向け、草津に事業拠点となる新工場を整備、2008年6月より量産を開始するとしている。   ====>>続き

   松下ホームアライアンス社の「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」のページ



  
[ 2008/07/01 23:33 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。