スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青山繁晴 宮崎哲弥 森田実 2010年12月26日 

青山繁晴 宮崎哲弥 森田実 (ニュースアンカー2010年12月26日)









スポンサーサイト
[ 2010/12/26 21:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

米ドルの動向・トレンド 

米国の財政懸念はいずれ問題となる。二兎を追うオバマ政権は一兎も得られない(2010年12月10日、陳満咲杜、ザイ)
なぜ「雇用統計ショック」でも株高なのか?ドル高の流れは変わらず再加速もあり得る(2010 年12月7日、吉田 恒、ザイ)
米ドル/円の反撃。その背景にあるヘッジファンドの動きとは?く(2010年11月18日、西原宏一、ザイ)

米国主要経済指標の推移 (ZAI)


中国利上げは経済運営に自信のある証。大きなトレンドとしてのドル安は当面続く(2010年10月22日、陳満咲杜、ザイ)
「米ドル安・円高」に反転の兆しがない。史上最安値79.75円の更新は時間の問題(2010 年10月20日、松田 哲、ザイ)
米追加緩和・ドル安容認論の本当の狙いは新興国通貨切り上げか? 人民元がカギに(2010 年10月19日、吉田 恒、ザイ)
菅総理の中韓批判はバカ正直すぎる!円高を進行させているのは日本政府自身(2010年10月15日、陳満咲杜、ザイ)
ヘッジファンドが年末に向けて勝負してくる時期で、米ドル安が崩れる可能性は低い2010年10月14日、今井雅人、ザイ)
ドル・キャリー取引による大相場が展開。米ドルは記録的な売られ過ぎに!(2010年10月12日、吉田 恒、ザイ)
市場は「通貨戦争」における米ドルの優位を確信している。日本は負ける可能性が高い(2010年10月8日、陳満咲杜、ザイ)

下落か上昇傾向か判然としないドル/円。88.00~95.00円のどちらに放れるかに注目(2010 年6月16日、松田 哲、ザイ)
危機はドルに飛び火しボコボコにされる。資源国・高金利通貨の急落はその前触れ(2010 年5月21日、陳満咲杜、ザイ)
米ドルの本格的な上昇は難しそうだが、リスク選好の資源国通貨買いも正しくない!?(2010 年4月16日、陳満咲杜、ザイ)
日足では買いシグナルが出たドル/円だが急上昇はイースター絡みの特殊要因か(2010 年4月14日、松田 哲、ザイ)
米週間景気先行指数は小幅低下、依然「底堅い」回復を示唆=ECRI(2010年 04月 10日 05:14、ロイター)
2月の米卸売在庫は予想上回る増加、卸売売上高は08年10月以来の高水準(2010年 04月 10日 02:44、ロイター)
ガイトナー財務長官の発言は信用できず!米国は「AAA」の格付けを失う可能性も…(2010 年4月9日、陳満咲杜、ザイ)
ドル/円は目先は92円まで調整しそうだが、「利上げ前の米ドル高」で98円を目指す!(2010 年4月6日、吉田 恒、ザイ)
「裏切りのシーズン」に突入したドル/円は「利上げ前のドル高」の最終関門に入った(2010 年3月30日、吉田 恒、ザイ)
・とれんど捕物帳 今週はドル円祭り 上昇トレンドへ(2010年3月27日、Klugシニアアナリスト 野沢卓美、klug為替ニュース)
・米ドルは全面高の様相。しかし、最終段階は近づいている(2010年3月26日、陳満咲杜、ザイ)

[ 2010/12/11 17:17 ] 米ドルの動向 | TB(0) | CM(0)

ユーロの動向・トレンド 

乱高下するユーロ/米ドル相場。フリーフォールはあるか? ないか?(2010年12月9日、西原宏一、ザイ)
ユーロ/ドルの目先の下値メドは1.26ドル!「ヘッド&ショルダー」を作る可能性も…(2010年12月8日、松田哲、ザイ)
欧州の不良債権問題に再び反応し始めた。ユーロ/ドルを少額でも売ってみたい局面に(2010年11月17日、松田哲、ザイ)

欧州主要経済指標の推移(ZAI)

「フラッグ」完成のユーロ/ドルは、当面は1.33~1.40ドルの「ボックス相場」を形成か(2010年10月13日、松田哲、ザイ)

不安解消には遠く、欧州の銀行資産査定結果(2010年7月27日、WEBRONZA)
欧州テスト結果の「予定調和」(2010.07.26、上野 泰也、Japan Business Press)
ついに底打ちの兆候が表れ始めたユーロ。それを確認する2つの方法とは?(2010年6月18日、陳満咲杜、ザイ)
ジム・ロージャズはユーロ買いに転じた!金融機関の過激な予測を信じるな!(2010年6月11日、陳満咲杜、ザイ)
中国当局がユーロ資産売却を検討?中国五千年の知恵をバカにするな!(2010年5月28日、陳満咲杜、ザイ)
乱高下のユーロ/円だが、採るべき戦略は「ユーロ売り・円買い」しか思いつかない(2010年5月12日、松田哲、ザイ)
下落が著しいユーロ/ドルは1.2ドル割れで想像を絶するほどの大暴落となる可能性も(2010年5月6日、松田哲、ザイ)

ギリシャ支援の条件が重要。市場の評価を待つしかないのだが…。(2010年4月26日、持田有紀子、ザイ)
ユーロの「ボロ負け」は当面続きそうだが、しばらくは「主役」不在の「戦国」時代か?(2010年4月23日、陳満咲杜、ザイ)
ギリシャ:EU・IMFに支援要請 財政、綱渡り続く 金利5%ずしり(2010年04月24日 毎日JP)
ギリシャの財政赤字、想定より悪化 09年(2010年04月23日 日本経済新聞)
ユーロが上昇、ギリシャ支援めぐる期待感で=NY市場(2010年04月10日 09:09 JST、ロイター)
フィッチがギリシャを格下げ、EU支援策活用を予想(2010年 04月 10日 03:09 JST、ロイター)
ユーロドルは安値トライ。ギリシャの資金調達のゆくえが運命握る!?(2010年4月9日、持田有紀子、ザイ)
下落トレンド継続中のユーロ/米ドルは、サポートを割り込むと1.0000ドルも視野に!(2010年4月7日、松田哲、ザイ)
(2010年3月25日、外為ドットコム) ユーロの売り材料を見直す
「フラッグ」形成もあり得そうなユーロ/ドル。1.34ドル台を割り込めば急落の可能性も!(2010年3月24日、松田哲、ザイ)

[ 2010/12/11 17:13 ] ユーロの動向 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。