スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(Business Media 誠) 

天然氷のかき氷店「埜庵」主人――石附浩太郎氏(2008年07月20日、Business Media 誠)

暑い日に食べる、頭がキーンとするおやつ――そんなイメージを根底から覆すかき氷を提供する店がある。冬の日も常連が、時には噂を聞きつけた海外からのお客もやってくるという、天然氷を使った絶品かき氷の店。その店主は、自ら冬になると山にこもり、天然氷を作る“氷のプロ”だった。

海外にまでファン層を広げる湘南・鵠沼海岸の人気かき氷店

 今年もまた暑い夏が訪れようとしている。地球温暖化の影響もあって、ここ数年、夏の不快指数は高まるばかり。そんなとき、ふと懐かしくなるのが、日本の夏の風物詩・かき氷だ。子供の頃、お祭りや花火、海水浴に行った際に食べたという人も多いだろう。

 しかし近年、グルメでナチュラルなスイーツが人気を集める中で、赤・青・緑など毒々しい色のシロップがかかり、口に入れた瞬間、脳天にキーンと来るような従来のかき氷からは、いつしか遠ざかってしまったという人も少なくないようだ。

 ところが、湘南のサーフィンのメッカ鵠沼海岸に、そんなイメージを根底から覆すかき氷店があった。「埜庵」(のあん)である。===>>>つづき


[ 2008/07/21 09:17 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://25jikanpc.blog19.fc2.com/tb.php/331-95e6b0a6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。