スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「中国総領事館の移転計画」市­民感情の悪化により売却は見合わせ 

中国総領事館の移転問題 新潟市 万代小学校跡地の売却見送り(2010年11月18日)

  新潟市は、まだわかってない! 市長は「日本一安心、安全な政令指定都市」を目指すんだそうです。

新潟総領事館での躓きとインド洋の拠点整備(桜チャンネル、2010年11月19日)













中国総領事館の移転計画 住民から反対意見や慎重論(2010年09月16日)

 


 「中国が、新潟を重要視している、とはうれしいことだ。」とはなんとノーテンキなんだろう。

  領事館として小学校跡地を取得する中国の意図を理解すべきです。

  友好な国であれば問題はないが、もし、対立する状況になったとき、便利はそのまま、超危険に通じるでしょう。

  「新潟県を中央政府が重要視している」という言葉を、鵜呑みにするのは危険ですよ。
  なぜ、新潟の総領事館を増員して国内2番目の規模にしているのでしょう。

 中国から見れば、新潟は日本進出(侵略?)の要衝、橋頭堡。
 
  交通、経済の要衝は、軍事的にも要衝なのです。


 なぜ、数ヶ月でビルの1室から移転するのでしょう。

 単独の建物にしているのは、慣例であるといっていますが、なぜ単独の建物にする必要があるのでしょう。

 単独の建物であれば、屋上にヘリポートを作ることはできるでしょう。さらに小学校跡地であれば、ヘリコプターが多数離着陸できるでしょう。

 
 領事館は治外法権。もし中国の犯罪者が逃げ込めば、日本の警察は手出しできない。ヘリで数時間で自国へ輸送することができます。


 新潟の皆さん。よくよく考えてください。子孫に遺恨を残すことのないように。数十年後、この状況を作ったのは、○○市長、○○課長と言われますよ。



●関連情報
 ・【梅原克彦&三井田孝欧】新潟中華街構想の行方[桜H22/10/5]



 ・新潟中国総領事館拡大移転問題:西大畑説明会(三井田孝欧 柏崎市議のBLOG)

[ 2010/11/20 16:44 ] 国防・領土問題 | TB(0) | CM(4)

領事館設置の許可は

国が行っているのでしょうか。

すでに許可され設置された建物を、単独の土地に移転するのは、だれの許可ですむのでしょう?
[ 2010/10/07 17:31 ] [ 編集 ]

名古屋でも

300平米の建物から1万平米の土地建物への移転計画が進んでいるのですね。
http://www32.atwiki.jp/freejapan/pages/95.html

[ 2010/10/07 17:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/10/26 16:02 ] [ 編集 ]

管理人宛のコメントで

情報をいただきました。

本日10/26発売の月刊情報誌『財界にいがた』で
<政令市新潟が中国の自治区になる>
という記事が特集で掲載されたそうです。

http://www.zaikainiigata.com/
[ 2010/10/27 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://25jikanpc.blog19.fc2.com/tb.php/612-90ad6ce0










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。