スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

釣魚島の主権を主張する北京、真意はよそに(大紀元) 

釣魚島の主権を主張する北京、真意はよそに(2010/10/6、大紀元、文=李宗徳)

【大紀元日本10月6日】酔翁の意は酒に在らず。真意は別の所にあるという意味を表すこの有名な中国のことわざは、外交手腕が磨かれ過ぎているためか、それとも内部闘争が激して内情が混沌となったせいか、真意が伝わらなくなった最近の中国の外交に当てはまるかもしれない。

 例えば、南シナ海で強硬な動きに出ている北京当局。南シナ海問題を中国の核心的な国益とする発言は、従来は中共軍部と米国軍部の間の話題に留まり、米政府との会談で中国政府側が言及したことは一度もなかった。==>つづき



[ 2010/10/22 22:13 ] 中国人が見る中国 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://25jikanpc.blog19.fc2.com/tb.php/634-77403e0f










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。